ほったらかしのホームページを何とかしたい

ほったらかしのホームページを何とかしたい


例えば、一旦作ったホームページが長い間ほったらかしになっている場合があります。

恐ろしいのは、競争相手の会社があなたの会社の事情とは関係なしにうまくやっているという事実です。

お客様はわがままで勝手で敏感です。
ホームページの些細な拙さが原因であなたの会社までがホームページと同じほったらかし状態ではないかと疑い、結果として、他社に移り逃げていくということになります。

考えただけでぞっとしませんか。

あなたの会社のお客様は宝物です。何がなんでも守り抜かなければなりません。大事に大事にしてください。